SplunkのReverse NS APIアプリケーションチュートリアル | プラットフォーム | Reverse NS API | WhoisXML API

SplunkのReverse NS APIアプリケーションチュートリアル SplunkのReverse NS APIアプリケーションチュートリアル

Whois XML Reverse NS APISplunk 用のアプリケーションです。Splunk内で同じNSアドレス(ネームサーバー)を使用している全てのドメイン名を特定できます。

前提条件

Splunk Enterpriseがインストールされ、設定されている必要があります。公式ドキュメントをご参照ください。

拡張機能の設定

1.  Splunkにログインします。

Splunkにログインする。

2. アプリケーションをダウンロード して インストールします。これは Splunk 内(https://splunkbase.splunk.com/app/5187)から行うことができます。

3. アプリケーションをインストールしたら、すぐに設定を開始できます。

アプリケーションをインストールしたら、すぐに設定を開始できます。

3.1 Appsページでアプリケーションを設定することもできます。アプリケーション名の横にあるSet upをクリックします。

また、「Apps」ページでアプリケーションを設定することもできます。アプリケーション名の近くにある「Set up」をクリックします。

4. APIキーを入力し、 Saveをクリックします。

APIキーを入力し、Saveをクリックします。

拡張機能の利用

1. Reverse NS Lookupページでは、即座にNSの逆引きを行うことができます。

Reverse NS Lookupページでは、即座にNSの逆引きを行うことができます。

2. NSの逆引きをスクリプトに組み込むには、wxareversensコマンドを使用します。これは2つの引数を取ります: name_server(検索語)、api_key(任意、API キー)。ない場合は設定ファイルから取得されます。

NS の逆引きを統合する。